セミナー情報

野外での関わり方-怪我の対応-

野外での関わり方-怪我の対応-

野外での怪我の対応

子どもを預かる以上、怪我は避けられません。
ましてや野外でダイナミックに体を動かせばなおのこと。
問題は、怪我をさせないことではなく、怪我をした後の対応です。
怪我の応急手当から病院受診の判断、保護者への説明責任など、事後対応が問われてきます。
保育士として数多くの怪我と病院受診を経験してきた講師がエピソードを交えてお伝えします。
大切なのは、場面をイメージしてあたかも自分が経験したかのように想像することで、実際の対応が、落ち着いて出来るようにすることです。

勇気を持って行動し、冷静に対応する。

そのために過去の体験から学びましょう。想像しましょう。
そして安全の質を高めましょう。

4月7日(金)午後7時から8時30分
八王子市浅川小学校(東京都八王子市初沢町1335)にて
f4b0246e1a42b6
submit-or200

IMGP6160過去のソトアソビセミナーの様子はこちらから
その他の日程はこちら

子どもとの関わりでどうしたらいいか迷ったり、分からなかったら、考えよう。
森のようちえんを運営している滝山ネイチャークラブ代表がファシリテーターを務めます。
ファシリテータープロフィール
堀岡 正昭(滝山ネイチャークラブ代表)
http://taki-nature.com/column/profile/

 

URL
TBURL

2017年の注目記事!

Return Top