知る

日本創生のための将来世代応援に係る緊急提言

日本創生のための将来世代応援に係る緊急提言

「日本創生のための将来世代応援に係る緊急提言」を行れました。
※この提言の中に、森のようちえんが位置づけられています。

日本創生のための将来世代応援知事同盟 12 県
宮 城 県 知 事 村 井 嘉 浩
福 島 県 知 事 内 堀 雅 雄
長 野 県 知 事 阿 部 守 一
三 重 県 知 事 鈴 木 英 敬
滋 賀 県 知 事 三日月大 造
鳥 取 県 知 事 平 井 伸 治
岡 山 県 知 事 伊原木隆 太
広 島 県 知 事 湯 崎 英 彦
山 口 県 知 事 村 岡 嗣 政
徳 島 県 知 事 飯 泉 嘉 門
高 知 県 知 事 尾 崎 正 直
宮 崎 県 知 事 河 野 俊 嗣

◆国において、若い世代が地方で暮らし、結婚・出産・子育てできる社会の実現を最重要課題と位置付け、将来世代を応援するための財源確保等に迅速かつ強力に取り組むよう、以下のとおり提言を行いました。

1.日程
平成27年7月23日(木曜)
●16時22分?16時34分赤澤亮正副大臣(少子化対策担当)
●16時37分?17時09分小泉進次郎政務官(地方創生担当)

○知事同盟 12 県 国への提言
https://www.pref.nagano.lg.jp/jisedai/documents/documents/kunihenoteigen.pdf
※この一番最後の「11. 自然豊かな地域の未来を担う子育て支援策への支援」 に、森のようちえんが位置付けられています。

◯7月 緊急提言
https://www.pref.nagano.lg.jp/jisedai/documents/doumei_teigen.html
※(別紙)に森のようちえんが位置付けられています。

〇3.の政府が取り組むこととして、森のようちえんの制度構築が記述
https://www.pref.nagano.lg.jp/jisedai/documents/documents/0723teigensyo_besshi.pdf



----------
【日本創生のための将来世代応援知事同盟】
(参考)立ち上げ式
https://www.pref.nagano.lg.jp/jisedai/20150420tachiageshiki.html
◯6月 岡山サミット

https://www.pref.nagano.lg.jp/jisedai/documents/sousei_summit_okayama.html

----------
○先駆的事業例、各省が提示へ=新型交付金に3要件
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201507/2015071100204

伊藤達也内閣府大臣補佐官は11日までに時事通信のインタビューに応じ、政府が地方創生を推進するため2016年度に創設する新型交付金について、先駆的な手法の導入など3項目を支給要件とすることを明らかにした。その上で「何が先駆的事業になるか、関係各省とも議論したい」と述べ、8月末の16年度予算概算要求までに各省に具体例の提示を求める考えを示した。
新型交付金は、3要件を満たす取り組みは各省から募集し、地方自治体の意見も反映する。まち・ひと・しごと創生本部事務局が取りまとめ、年末の予算編成に向け交付金の制度設計を本格化させる。伊藤氏は「先駆性のある地方の事業を支援することで、地方創生の深化を加速させたい」と強調した。(2015/07/11-16:09)

URL
TBURL

2017年の注目記事!

Return Top