森のようちえん全国交流フォーラム

《子どもを取り巻く今の状況こそが緊急事態!》第16回森のようちえん全国交流フォーラムin奈良 実行委員からのお知らせ

《子どもを取り巻く今の状況こそが緊急事態!》第16回森のようちえん全国交流フォーラムin奈良 実行委員からのお知らせ

実行委員より皆さまへ
《子どもを取り巻く今の状況こそが緊急事態!》
コロナ禍での森のようちえん全国交流フォーラムの意義を問い続けた実行委員合宿。
8月25.26日にフォーラム会場である国立曽爾青少年自然の家にて行いました。
世間では全国でコロナウイルス感染拡大が広がり、緊急事態宣言発令地域が増える中、それぞれ不安を抱えながらミーティングが始まりました。
コロナウイルスの出現により、当たり前が当たり前でなくなった今、これまでの一つ一つの私の中の当たり前を問い直し、大事にしてきた思いを見つめながら、これから先の自分の中の軸となっていく新たな価値観のようなものを確認する作業。
実行委員一人一人の思いや不安が交錯しながら、何度も何度も開催プランや内容などがひっくり返り、その度に「何のためにやるのか」「誰に届けたいのか」「そもそもなぜ私たちはこのフォーラムを開催しようと思ったのか」、原点に戻される体験を重ねました。もともとレジリエンスが高めな森のようちえんの実践者たちだとは思いますが、更にそれが高まったかな。
これまで自分が当たり前だと思っていたことや信じていることを「正しく」疑うこと。
これはこのコロナ禍で、ウィズコロナ時代大事なことだと私が気づかされたことです。
合宿中のミーティングでも、一人一人が「自分の中の当たり前や前提は本当か。自分の課題やエゴと混同していないか。」突きつけられることがあったように感じます。
どんなにひっくり返っても、感情や主観に流されずに判断することを繰り返した結果、今年のフォーラムは現地でのリアル開催と、フォーラム会期前後のオンライン配信(おうちでフォーラム参加)での開催と決定しました。
当初予定していた開催規模を更に縮小し、プログラムの変更も大幅にございます。
変更した部分の内容やご案内などは、詳細がまとまり次第お知らせいたします。
参加を検討してくださっている皆さまにはご不便をおかけしますが、今しばらくお待ちください。
変更に伴い、講師の皆さま方にもご迷惑をおかけし、ご無理をお願いするかと思います。
今後のコロナウイルス感染拡大や社会状況により、変更はこれが最後ではないかもしれません。ご理解いただけますように、どうぞよろしくお願いいたします。
*今回の合宿にはフォーラムの講師をお願いしている木村 智浩 - Tomohiro Kimuraさんにもアドバイザーとしてご参加いただいていました。ありがとうございました。

【森のようちえん全国交流フォーラム 曽爾高原より準備合宿を終えて】(動画配信)


第16回森のようちえん全国交流フォーラムin奈良
           実行委員長 岡本麻友子

URL
TBURL
Return Top