コミュニティ情報

元々馬好き・子ども好きではなかった僕が、今は馬と暮らし、子どもへのセラピーをする話

元々馬好き・子ども好きではなかった僕が、今は馬と暮らし、子どもへのセラピーをする話

元々馬好き・子ども好きではなかった三陸駒舎の黍原が、今は馬と暮らし、子どもへのセラピーをするまでの話をClubhouse(音声SNS)でします。

(3月22日追記)Clubhouseでの配信は終わりましたが、以下のポッドキャストでアーカイブを後ほどアップします。ぜひ、フォロー下さい。

Screenshot

さんこまラジオ

三陸駒舎のきびはらが、ホースセラピーや馬との暮らし、子どもとの関わり方、馬と地域づくり等、岩手県釜石市の山村集落での取り組みや感じたことをお伝えします。

馬との暮らし、子どもへのセラピーの取り組みは、森のようちえんの活動にも通ずるものがあります。未就学児もセラピーを利用していますし、馬との暮らしの中には、地域の自然との関わりの要素もたくさん詰まっています。

ナビゲートしてくれるのは、
対州馬が好きすぎて対馬に移住した獣医の吉原知子さん
仙台でユニークなゼロ村牧場パカラッチョを運営する平井崇昇さん
の馬好きのお二方です。

事前にもらった質問が、普段あまり話すことのない内容で、僕もどんな風に答えるのか楽しみです。
確かに馬が好きだった方が、馬のセラピーをやるのは、自然の流れですが、
元々馬好きでもなく、しかも子どもにも興味の無かった僕が、今の活動しているのは、外から見ていると不思議なんだろうなぁ。

それでも、僕の中では、全部つながっていて、紆余曲折してきたからこそ、新しい価値を生み出すことができていると思っています。その一端をClubhouseでお伝えできればと思っています。

ホースセラピーについて、詳しく学びたいという方は、
5月11日(火)に「馬の暮らし型セラピー勉強会」を三陸駒舎で開催しますので、ぜひ、ご参加ください。(詳細は、近々にウェブサイトにアップします。)

以下をクリックしてご参加ください。
(Clubhouseは、iPhone限定のアプリで、利用者の招待が必要です。招待枠がありますので、必要な方は黍原までメッセージください。)

馬との暮らしに憧れて長崎県に移住したけどまだ暮らせてない吉原と、宮城県仙台市でどさんこと暮らす平井がお送りします。今回は、三陸駒舎で、子供たちにホースセラピーを実践する黍原豊さんをゲストスピーカーにお迎えしてお話しします。豊さんはもともとは馬にも子供にもあまり興味がなかったそうですが、なぜ今馬と暮らすのか??聞いていきたいと思います😊馬好きさん、教育関係の方、ホースセラピーに興味のある方、お気軽にお越しください!

ナビゲートしてくれる吉原さんのツイッターはこちら。

Screenshot

Twitter 吉原@対馬

馬が身近な暮らしに憧れて、長崎県の国境離島、対馬に移住した女獣医です。日本在来馬の対州馬を知ってもらうべく奮闘中!!馬好きな人、対馬好きな人つながりましょう!!
対州馬の動画が心和みます。

 

平井さんの牧場のウェブサイト。いわゆる乗馬クラブではない、馬との暮らしのアイデアが色々と興味ひかれます。

Screenshot

ゼロ村牧場パカラッチョ

馬に人が歩み寄る、そして馬が人に応える。

 

Profile image
全国で教育的な牧場を経営する寄田と復興まちづくりに携わる黍原を中心に2015年4月に設立。築90年の古民家を拠点に、馬と共に暮らす地域文化をベースにエコツーリズムやホースセラピーなど新たな仕事を起こし、誰もが心豊かに過ごすことのできる持続可能な地域の未来をひらきます。2017年の年より障害児を対象としたセラピー事業も開始。

三陸駒舎の最新情報はこちらから

馬のセラピーの勉強会も定期的に開催しています。

三陸駒舎LINE公式アカウント

 

 

URL
TBURL
Return Top